風俗に通うために資金をどうやって増やしたか、その体験談を特別にお見せします!

初め経験した風俗はソープでした

初め経験した夜のお店はソープでした、風俗というと、性的な概念以外にも社会的な風習などの意味も有るのでしょうが、現在における単に「風俗」というと、概ね、性風俗ということが頭に浮かんできます。其の種類も今では、ハードなサービスからソフト系の性的サービスから、色んなタイプの種類があるのも事実なようです。ところで、私が風俗として体験したのはソープというところでした。先輩に連れられて行ったのは、橋を渡って直ぐのところのソープだったのです。チョット高いお金を払って綺麗な女の子に案内されて入った部屋が、バスルームとベッドのある部屋でした。裸になってお風呂へ二人で入りましたが、身体をソープで洗ってもらいながら綺麗なお姉さんの肌を見ても、初めは緊張して私のチンもだらし無くしている状態でした。女性は、優しく私に言うには、「初めは誰だって緊張するものよ」行ってくれたのです。そして、ベットに移ってからは彼女の気持ちのいいリードで、チンも次第に元気になってきて、そのうち、「気持ちいいことしましょうね」といいながら、女性のスマタをしたのです。此れが、私が草田舎から出てきて、初めての経験でした。

風俗でアイマスクを付けた女の子に悪戯するプレイ

風俗っていうのは色々なエッチアイテムがレンタルできて使うのが楽しくなっちゃいます。ワンポイントでかなりプレイに味が出るものと言えばアイマスクでして、よく風俗に行った時は使っています。この前行った風俗は美少女系の女の子が沢山在籍しているところで、スタンダードな恋人プレイに様々な道具を無料で貸出してくれるので、アイマスクでフェラというプレイをしてみました。選んだのは21歳で黒髪が似合う可愛い子でしたが、やはり色々とお話を聞くとエッチなのか良い反応をしてくれます。さてアイマスクを付けてもらってプレイ開始です。無料オプションであったローターを使いながら脇や太もも付近を舐めていきます。こういった直接的にエロくないところを責めるのも良いものですが、ローターを当てた股間はかなりヌレヌレでした。そしてこのまま口の前にペニスを持って行き顔に擦り付けます。彼女も口を開けて咥えようとしている姿がとてもエロく、じゃあお答えしてやや強引気味にフェラさせて最後は口内射精で終わりました。風俗も道具を使い出すとやりたいことだらけで奥が深いと思いました。

風俗大好き男

私は誰よりも風俗が好きかもしれません。多い時は毎日のように風俗通いをしていました。とにかく女の子が大好きすぎるのかもしれません。風俗へ行くために働いていると行っても過言ではないくらいです。私が好きな業種はソープです。料金はかなり高いかもしれませんが、その分やはり他の業種に比べても過激で濃厚なサービスを期待できちゃうのが、ソープの強みです。私が好きなのがあるソープ店です。そこのエリアのソープはかなりレベルが高いんです。私はお気に入りのお店を探すというよりはたくさんのお店に行って、多くの女の子と遊びたいというのが強いかもしれないです。私が好きなプレイスタイルは女の子にたくさん責めてもらうスタイルです。ほとんどの人は自分が女の子を責めてイカせたいというかもしれませんが、私は女の子に責めてもらうのが大好きなんです。かなりMなのかもしれないですね。ソープを利用する時は必ず、お店で責めるのが好きなSな子を聞くようにしています。これからも風俗通いはやめられません。

凛々しい風俗嬢

先日は旅先で風俗を利用しました。旅先ではスマホを使って派遣型風俗を利用するといいよと、会社の同僚から教えてもらっていたのでそうしました。実は旅先の風俗が楽しみで、事前にパソコンで優良店ぽいお店をお気に入りに入れて旅先に来ていたのです。スマホでそのお気に入りのお店の中から、一番かわいいと思ったSさんを指名しました。夜9時くらいにSさんは部屋に来ました。ショートヘアで清潔感があり、背も高くて、歌劇団の男性役かなというくらい格好いい女性でした。性格はほんわか系でしゃべるとすごくかわいい女子だったのですが。でもフェラの時に目に力が入ると、きりっとした感じで、素敵です。そういう凛々しい女性にフェラをさせている喜びを感じました。なので素股でも正常位の素股とバックの素股であえてSさんをコントロールして、征服感を味わって楽しみました。バックの素股では、鏡に映ったSさんにアヘ顔に興奮しながら発射しました。格好良くてかわいらしいSさんでした。